採用メッセージ

自らベンチャー企業を経営している感覚

岩本 和宏
次長 2010年入社
Entry採用情報

ゼロスタートで自分に何ができるのか。

リンクシステムを選んだ理由

前職で私は水栓メーカーの企画営業としてOEMでの商品を扱っておりました。その折、企画営業だけでなく実際は型の作り方や生産上の品質など、業務を通じて企画営業以外についても学ぶことができました。しかし在職していた企業は国内トップメーカーであり、商品開発においては開発部門、品質管理については品質部門と組織だっていますから、実際の業務は各々の担当にバトンタッチされており、当然、業務の成功も失敗も自らが全ての責任を負うことはありませんでした。良くも悪くも、失敗すれば人のせいにできてしまいますし、売上の40%ほどを自らが生み出していても、それが自分自身の努力なのか、企業ブランドによるものなのかはわからず、自らの評価を正しく見てみたいという思いが募っていきました。「一度、ゼロスタートで自分で何ができるのか」と考え、「やはり自らの成功で世の中に認められたい」と思ったとき、リンクシステムとの縁がありました。

良い声も悪い声も、
すべてが自分に反映されるおもしろさ

リンクシステムでの業務

現在はベッドを扱う仕事をしています。実はあるお客様から「自分がイメージするベッドを作って欲しい」とリクエストされたことがこの事業の発端でした。メーカー時代の経験から水回りについては自信があったのですが、ベッドなんてまったくわからない世界の商品です。一瞬、正直に言えば悩みましたが、結局、企画から製造、販売、アフターフォローまでをやることになりました。できあがったオリジナルのベッドはホテル用のものなので、ウェブサイトでのレビューなどで宿泊者の方の声を拝見することができます。「よく考えられている」「私も欲しい」などという良い声も、また悪い声も自分に入ってくることに、仕事自体のおもしろさを感じます。

色々な国でバイク旅をする楽しみ

ライフワークバランス

社長・小林はあまり細かいことは言わない結果主義ですし、私たちも社長に「結果を出すことで何も言わせないぞ」と思いながら、常にとにかく勝ちに行く姿勢で仕事に取り組んでいます。一言でいえば、企業の中にある自分のベンチャー企業を経営している感覚です。ですから、前職と比較すれば効率は格段に良くなりました。最近、従来よりもリモートワークが増え、早朝や夕方に集中している自分に気付き、「時間は関係ない」と気がつきました。ダラダラと仕事をせずに集中することで効率も上がり、また自分の時間を自分で作りやすくなりました。 海外でバイクを1週間ほど借りて無計画な野宿などもするような旅をするのが好きなので、結果を出せる仕事のやり方を自分で考えやりくりすることで時間を作り、これからも色々な国でバイク旅をしたいですね。

短期間で一般的な企業の何倍もの経験ができる。

リンクシステムの魅力

私のような中途入社となる社会経験がある方にとっては、とても風通しのいい会社だと思います。一方で一から十まで指示をされるのを待つような受動的な方には向かないのがリンクシステムだと思います。中小企業ならではの、企画から仕入れ、販売、販売後のフォローアップまで一貫して自分が担うことになるので、一般的な企業で2~3年働く以上の経験が短期間でできると思います。今はまだ独り立ちはできないけれど、最終的には自分で起業したいと考えている方にはうってつけな会社だと思います。

安価で且つ高性能な商品を提供したい。

今後について

ビジネスですから売上や儲けが当然大切ではありますが、人が今、必要としているものを安価に、また機能もさらに向上させた商品をどんどん世の中に出していきたいと思っています。

オフの日の過ごし方

オフロードバイクで山林の道なき道を駆け上っています。もちろん危険が多く、時には崖から落ちることもありますが、攻略できた時の喜びは、何とも言えない達成感に満ち溢れます。 また、旅行も好きなので、長期の休暇が取れれば、海外でバイクを借りて、無計画な野宿などをして過ごしています。

Recruitment採用情報